パソコンをメルカリやオークションで売るメリットや注意点

 

パソコンはネットオークションやメルカリなどのフリマアプリで売ることが出来ます。

 

ただ、こういった個人売買の場合は高く売れるというメリットがある反面、トラブルが多いというデメリットもあります。

 

ここでは実際にオークションやメルカリなどの取引で起こったトラブルをまとめてみました。

 

 

実際に起こったトラブル一覧

 

説明不足によるトラブル

パソコンは細かい部分が異なっても大きく問題が起こる商品です。

 

個人売買の場合、慣れている人であれば問題が起こることも少ないですが、初めて利用する方などは記載漏れなどが多く、届いてからのトラブルも多いです。

 

出品する側はしっかりと細かく明記し、購入する側は細かく読み、不明な部分は質問してはっきりさせておきましょう。

 

正規品ではないパーツが使われている

自作PCやカスタマイズPCは正規品以外のパーツが使われています。

 

正規品と偽って売る悪質な人間も稀にいますが、大抵は確認ミスであることが多いです。

 

購入する場合は正規品かどうかの確認をしっかり行い、売る側は間違っても偽りの情報を記載しないようにしましょう。

 

ソフトウェアに問題がある

パソコンのソフトウェアは様々な物があります。

 

Windowsの場合は特にオフィスが使えなくなるというトラブルも多いので、しっかり確認をしておきましょう。

 

ジャンク品の勘違い

普通のパソコンとして購入するつもりが、確認ミスでジャンク品を購入してしまったという事例もあります。

 

これに関しては確認ミスが問題ですが、中にはジャンク品だということをわかりにくく記載している人もいます。

 

購入側は細かくチェックし、売る側はわかりやすくジャンク品と書いておきましょう。

 

個人情報によるトラブル

オークションでパソコンを売る方はデータ消去を行ってから売ると思いますが、手動でのデータ消去は完全に消せないことがあります。

 

リカバリなどで初期状態に戻してもデータは残っていることがあるので、個人情報が不安な場合はデータ消去ソフトを利用する方が良いでしょう。

 

返品条件によるトラブル

オークションは取引が完了してからの返品トラブルも多く、出品者側はこれが一番ストレスになるかと思います。

 

もちろん、こちらに非がある場合は即座に対応しなければいけませんし、そうでないとしても返品には応じた方が無難でしょう。

 

こればっかりはどうしようもないので、しっかり細かく明記しつつ、返品条件などもわかりやすく記載しておくと良いかと思います。

 

個人売買は慣れが必要

オークションやメルカリなどを利用する場合はとにかく慣れが必要です。

 

良く利用する方や、これから利用していくという場合はどんどん使っていって慣れてしまった方が良いと思いますが、1回限りなどの場合は買取業者を利用する方が良いかと思います。

 

慣れてしまえば気にならなくなることも多いですが、それでもトラブルというのは精神衛生上良くないものです・・・。

 

ご参考までに。

このページの先頭へ戻る